内辺(読み)ウチワタリ

デジタル大辞泉の解説

うち‐わたり【内辺】

内裏(だいり)。禁裏。宮中。
「―などにて、はかなく見給ひけむ人を」〈紅葉賀
帝。天皇。
「かくつれなきものから、―にも聞こし召して」〈総角

ない‐へん【内辺】

うちがわ。内面。⇔外辺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちわたり【内辺】

内裏。宮中。 「除目の頃など、-いとをかし/枕草子 3
天皇。 「 -にも聞し召して/源氏 総角

ないへん【内辺】

内側。内面。 ⇔ 外辺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐わたり【内辺】

〘名〙
① 宮中。禁中。内裏(だいり)。大内。禁裏。
※大和(947‐957頃)八一「内わたりの人きたりけるに、『いかにぞ、まゐり給ふや』と問ひければ」
② 天皇。帝。
※宇津保(970‐999頃)国譲上「行く先たひらかにも侍り、おもふやうにも侍らば、うちわたりの御うしろみは、となんおもうたまふるを」

ない‐へん【内辺】

〘名〙 物の中側の方。内側。内面。⇔外辺
※解体新書(1774)二「回郭。曲管也。其内辺内聴骨矣」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内辺の関連情報