コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内部志向型 ないぶしこうがたinner-directed type

1件 の用語解説(内部志向型の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内部志向型
ないぶしこうがた
inner-directed type

アメリカの社会学者D・リースマンによる社会的性格の三類型の一つ。伝統志向型および他人志向型に対比される。社会の伝統や慣習にも、また世間の一般的風潮や他人の意向にも強く拘束されることなく、自分の内部の信念や良心に従い、それを基準として自分の行動の方向を決めていくような性格類型をいう。歴史的には、ルネサンス宗教改革を経た西洋の近代社会において(とくに上層中産階級に)現れてくる社会的性格であり、前近代社会における伝統志向型と現代大衆社会における他人志向型との中間に位置づけられる。それは、いわば剛直で個性的な性格であり、資本主義発展期の仕事中心の社会には適しているが、資本主義のさらなる発展・高度化によって消費や人間関係に重点が移行した社会(大衆社会)では、むしろ他人志向型が優勢になる。
 内部志向型は、常識的な価値判断においては、望ましい性格として理想化されがちであるが、反面、その剛直さや個性の強さが、ときに独善主義や偏狭さ、他者への感受性の欠如や不寛容、所有と獲得への執着などとして現れるという点も見落とすべきではない。[井上 俊]
『D・リースマン著、加藤秀俊訳『孤独な群衆』(1964・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone