コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円中孫平 まるなか まごへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円中孫平 まるなか-まごへい

1830-1910 幕末-明治時代の商人。
天保(てんぽう)元年生まれ。金沢の商人中野屋孫兵衛の養子となり,大坂,横浜で貿易商会をおこす。明治9年渡米し,フィラデルフィア博覧会を視察。九谷焼,生糸などを輸出し,14年にはフランスに支店をひらいた。明治43年7月死去。81歳。越中(富山県)出身。本姓は石崎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

円中孫平の関連キーワード円中 文助明治時代円中文助天保

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android