コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円実 えんじつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円実 えんじつ

1214-1272 鎌倉時代の僧。
建保(けんぽ)2年生まれ。九条道家の子。母は藤原綸子(りんし)。文暦(ぶんりゃく)2年興福寺別当となる。同寺領大住荘と石清水八幡宮領薪荘との争いで寛元元年辞任。正嘉(しょうか)2年再任されるが,翌年しりぞき,文永元年興福寺衆徒の要求で丹波に流された。文永9年11月26日死去。59歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

円実の関連キーワード産業革新機構鎌倉時代山口益法相宗尊信建保

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円実の関連情報