冥合(読み)ミョウゴウ

  • みょうごう ミャウガフ
  • みょうごう〔ミヤウガフ〕
  • めいごう ‥ガフ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 冥々のうちに合一すること。知らず知らず一つになること。〔勝鬘経義疏(611)〕
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉九「想ふ画人、俳人、詩人の要は能く宇宙の幾微を吹鼓し、神韻縹緲恍乎として自然と同化冥合するに在り」
※帰省(1890)〈宮崎湖処子〉七「嗚呼此夕に、我も他界の我の如く、悠々俯仰して此景色と冥合(メイガフ)したり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android