コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冨士月子 ふじ つきこ

1件 の用語解説(冨士月子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冨士月子 ふじ-つきこ

1898-1976 大正-昭和時代の浪曲師。
明治31年3月29日生まれ。大阪の京山小福円に師事し宝家春栄を名のる。のち2代広沢虎吉について冨士月子とあらため,女流団の成美会にくわわる。美声で啖呵(たんか)(会話)がうまく,「義士伝」などを得意とし,関西,関東の花形となる。昭和51年8月19日死去。78歳。北海道出身。本名は飯田ハル。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

冨士月子の関連キーワードブルガリア文学社会小説川本けい子12T(TGP)(希薄燃焼エンジン)キングドームアイヌ語学習塾座散乱木遺跡専修学校火成角礫岩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone