コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義士伝 ぎしでん

大辞林 第三版の解説

ぎしでん【義士伝】

講談の代表的演目。赤穂義士伝。浅野内匠頭の松の廊下の刃傷より、大石内蔵之助らの吉良邸討入り、泉岳寺引上げまでの経緯を描く「義士本伝」・四十七士各人の伝を述べる「義士銘々伝」・天野屋利兵衛などの義士ならざる人物の伝を述べる「義士外伝」よりなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

義士伝
ぎしでん

講談。1702年(元禄15)12月15日未明、吉良上野介(きらこうずけのすけ)の邸(やしき)に討ち入り、旧主浅野内匠頭(たくみのかみ)の仇(あだ)を討った城代家老大石内蔵助(くらのすけ)ら46(47)人の赤穂(あこう)義士を読んだ講談で、もっとも講釈師に尊ばれる。本懐を遂げるまでの経過を描く「本伝」と、四十七士各人(中山安兵衛、赤垣源蔵ら)の伝記「銘々伝」、吉良方の人物(和久半太夫(はんだゆう)ら)や、義士を後援した人物(天野屋利兵衛ら)を描く「外伝」よりなる大長編。『御入部伽羅女(ごにゅうぶきゃらおんな)』(1710)挿絵の生玉(いくたま)社前の図には「四十七人評判」との張り紙がみられ、『下手談義聴聞集(へただんぎちょうもんしゅう)』(1754)には「仏書講釈附(つけた)り義経記、忠臣蔵などと、かんばん出して」とあり、説法に取り入れられたことがわかる。事実、本居宣長(もとおりのりなが)は少年時代であった1744年(延享1)、説法のついでに連続で読まれた義士伝を聞いている。また、『大坂奇珍泊(きちんはく)』(1781)には、神道講釈より出た吉田天山が『赤城(せきじょう)義臣伝』で大入りをとったとある。今日のようにまとめたのは初代田辺南窓(なんそう)(1846没)といわれ、近年では2代桃川如燕(じょえん)、6代一竜斎貞山(いちりゅうさいていざん)らが得意とした。[延広真治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

義士伝の関連キーワード一龍斎 貞山(3代目)一龍斎 貞山(6代目)蜃気楼 龍玉(初代)松風軒 栄楽(初代)吉田奈良丸(3世)一龍斎貞山(6世)一竜斎貞丈(6代)一竜斎貞丈(5代)吉田奈良丸(2代)一竜斎貞山(6代)五明楼玉輔(初代)広沢 菊春(初代)吉田奈良丸(2世)一竜斎貞山(3代)一竜斎貞山(5代)吉田奈良丸(3代)一龍斎貞山(8世)春日井梅鶯(初代)三笑亭可楽(6世)桃川如燕(2代)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義士伝の関連情報