コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冬凪 ふゆなぎ

大辞林 第三版の解説

ふゆなぎ【冬凪】

吹きすさぶ冬の季節風が一時的におさまり、海が穏やかになること。寒かんなぎ。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ふゆなぎ【冬凪】

北海道の日本酒。精米歩合50%で仕込む辛口の大吟醸酒。原料米は吟風。仕込み水は徳富(とっぷ)川の伏流水蔵元の「金滴酒造」は明治22年(1889)奈良県十津川村の大洪水で田畑が全滅した後、約600戸の村民北海道へ移住し、そのなかの9名が発起人となり同39年(1906)創業。所在地は樺戸郡新十津川町字中央。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

冬凪の関連キーワード季節の風季節風寒凪

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android