コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冴え/冱え サエ

デジタル大辞泉の解説

さえ【×冴え/×冱え】

寒気・光・色・音などが澄みきること。「月光の―」
頭脳の働きや感覚が鋭いこと。技術などが鮮やかなこと。「勘の―」「包丁さばきの―」
江戸時代の遊里で、遊興のこと。また、酒宴。
「あらゆる―を尽くしけり」〈黄・栄花夢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

冴え/冱えの関連キーワードウラディミール ホロヴィッツセヴェリーノ ガッツェローニボーイズ・オン・ザ・ランウィリアム キンケイド恋は雨上がりのようにポール ジアマッティピエール ピエルロロバート ライアン杵屋五三郎(3世)中村蘭台(初代)「江南春」杜牧プルキニェ現象シェリー マン古今亭志ん生冴え冴えしい静かなるドン古今和歌集いぬやしき冴え冴えて野村 浩将

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android