コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍霜害 トウソウガイ

デジタル大辞泉の解説

とうそう‐がい〔トウサウ‐〕【凍霜害】

作物が低温によって受ける被害のうち、凍害霜害をあわせていう語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

凍霜害【とうそうがい】

初冬から早春に,夜間急激に起こる冷却によって発生する気象災害。大陸高気圧より分離した移動性高気圧が日本付近に移動したときに起こる。凍結による凍害と,による霜害を合わせた意味で,凍霜害と呼ばれる。
→関連項目気象災害

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

とうそうがい【凍霜害】

作物の受ける災害のうち、凍害と霜害。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の凍霜害の言及

【霜】より

…これを晩霜(おそじも∥ばんそう)という。ときには農作物に大きな被害を与えることがあり,霜害,凍霜害といって農家には恐れられている。なお,凍霜害は気象学上は霜害と同義であるが,農林水産省の作物被害統計では凍害と霜害を合わせたものとしている。…

【凍害】より

霜害も低温と凍結による被害であるが,発生の時期によって区分される。凍霜害という語は学問的には霜害と同義であるが,農林水産省の作物被害統計では凍害と霜害を合わせている。凍害はシベリア高気圧の勢力が強い年に発生し,冬に農作物が栽培されない地方や積雪の多い地方を除けば,一般には寒冷な地方で被害が大きい。…

※「凍霜害」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

凍霜害の関連キーワード大越(旧町名)安藤 広太郎安藤広太郎筑北(村)生理的落果森林災害麦踏み気候ウメクワ挿木灌漑災害作物

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凍霜害の関連情報