コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出機 デバタ

デジタル大辞泉の解説

で‐ばた【出機】

織物業者が原料を出して、下職などに織らせること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

でばた【出機】

織物業者が糸などを提供して、下職などに織らせること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出機
でばた

織物の生産は、自給生産から、増大する一般の需要にこたえ、数人の人を雇用する家内工業へと発展するが、それでも生産に不足を生じるとき、外部に製織を依頼することになる。これを「出機」とよび、原料の糸を整経(せいけい)した状態で提供し、製織したのち集荷し、その製織上の手間賃を支払うことになる。この形態は農村工業の一つとして行われ、農家の副業で農閑期に製織されることになる。これに対し家内工業として自己の経営のもとで行われるのが「内機(うちばた)」である。これらの作業形態がどのようになっていたかについては織物史における織物経営の課題となっている。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

出機の関連キーワード岐阜県先端科学技術体験センタープラント・リノベーション協力IPAセキュリティセンターAE (デジタルカメラ)EVシェアなどの社会実験脱脂ダイズ(脱脂大豆)リードアフターライト石川 藤八(7代目)ポリスチレンペーパーA.Z. ヤマニーCDオンライン提携おでかけパスポートタキストスコープマルチプログラム自賠責調査事務所ラン ウォルチェコンパクトカメラ銀行オンライン胃排出機能検査ギャラクシーS

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出機の関連情報