コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出開帳 デガイチョウ

デジタル大辞泉の解説

で‐がいちょう〔‐ガイチヤウ〕【出開帳】

[名](スル)寺院の本尊や秘仏などを他の土地に運んで行う開帳。 春》「はるばると山おり来まし―/蝶衣」→居開帳(いがいちょう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

でがいちょう【出開帳】

( 名 ) スル
開帳のとき、寺の本尊などを寺院外の場所に移して公開すること。 ↔ 居開帳 [季] 春。 《 炎上をまぬがれたまひ- /清原枴童 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の出開帳の言及

【開帳】より

…有名寺社の場合は膨大な人数を動員できたので,これを当て込む芝居の興行,草双紙の出版,際物(きわもの)商品の販売なども盛んで,居開帳の場合は門前町も潤うなど種々のご利益があった。開帳には,自坊で行う居開帳と,他の場所で行う出開帳とがあった。江戸の場合,居開帳では浅草寺観音を筆頭に江の島弁天,護国寺観音,亀戸天神,洲崎弁天など,出開帳では成田不動,嵯峨清凉寺の釈迦,信州善光寺如来,甲州身延山祖師が四天王と称されて人気があった。…

【新勝寺】より

…07年には慶長以来の弥勒寺末を離れて,嵯峨大覚寺の直末となり,さらに京都醍醐派別格本山の金剛王院兼帯の令旨を受けるなど,寺格も昇進した。開帳が始まるのもこのころからで,江戸で最初に出開帳が行われたのは1703年(元禄16)のことである。〈江戸にて開帳あるに何時にても参詣群聚するは善光寺の弥陀と清涼寺の釈迦仏また成田の不動などなり〉と《嬉遊笑覧》にあるように,これより江戸出開帳の三本指に数えられるほど人気を集めた。…

※「出開帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

出開帳の関連キーワード秩父三十三所武江年表雨の五郎居開帳新勝寺回向院五郎開帳

出開帳の関連情報