コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲王 いずもおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出雲王 いずもおう

?-777 奈良時代,鈴鹿王の王子。
高市(たけちの)皇子の孫。天平宝字(てんぴょうほうじ)元年篠原王らとともに豊野氏となる。北陸道巡察使,土佐守(とさのかみ)などをへて,神護景雲(じんごけいうん)4年父の田地・宅地が称徳天皇陵とされたのにともない大宰大弐(だざいのだいに)となった。宝亀(ほうき)8年4月26日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

出雲王の関連キーワードボーイング777エアバスA380超大型ジェット旅客機貴ノ浪貞博クラシックジャンボ福岡空港のアムステルダム便ワシントン条約と種の保存法ブラックボックスアオキ滋賀[県]ストロンチウム

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出雲王の関連情報