コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲王 いずもおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出雲王 いずもおう

?-777 奈良時代,鈴鹿王の王子。
高市(たけちの)皇子の孫。天平宝字(てんぴょうほうじ)元年篠原王らとともに豊野氏となる。北陸道巡察使,土佐守(とさのかみ)などをへて,神護景雲(じんごけいうん)4年父の田地・宅地が称徳天皇陵とされたのにともない大宰大弐(だざいのだいに)となった。宝亀(ほうき)8年4月26日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

出雲王の関連キーワード島根県安来市西赤江町島根県安来市安来(市)出雲王朝奈良時代鈴鹿王