コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分散系 ぶんさんけい

3件 の用語解説(分散系の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ぶんさんけい【分散系】

一つの物質が他の物質、または異なった状態にある同一物質の中に、微粒子となって散在している混合系。散在している粒子を分散質、媒質を分散媒という。懸濁液・乳濁液・コロイド溶液・真の溶液など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

分散系

微細な固体粒子(分散相)が気体,液体または固体(分散媒質)中に分散した浮遊懸濁液(suspention).同じ粒度の粒子がそろった場合を単分散系(mono-disperse system)といい,粒度が不ぞろいに変化する場合を多分散系(polydisperse system)と呼んで区別する.分散系は粗粒の分散系からコロイダルな分散系まで様々に変化する.オパールは天然に存在する単分散系固体コロイドである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

分散系

 微細な粒子が媒質内に分散している系.コロイドなど.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の分散系の言及

【分散】より

光分散【朝倉 利光】(2)ある均一な物質の中に他の物質が微粒子状になって分布していく現象。分散によってつくられる混合物を分散系disperse systemといい,連続な均一相をつくる物質を分散媒,微粒子をつくる物質を分散質と呼ぶ。コロイド範囲の大きさの粒子にまで分散した系をとくにコロイド分散系といい,懸濁液乳濁液はその例である。…

※「分散系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

分散系の関連キーワード遠心分離沈降分離界面懸濁液スライム分散相分散質煙霧質粉粒体

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分散系の関連情報