コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工部局 こうぶきょくGong-bu-ju; Kung-pu-chü

4件 の用語解説(工部局の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工部局
こうぶきょく
Gong-bu-ju; Kung-pu-chü

中国,上海共同租界行政機関共同租界では市参事会が最高機関で,イギリス人5名,アメリカ人2名 (のち日本人2名,1925年から中国人5名) の参事会員によって構成されていた。市参事会の指揮下に財政,土木,衛生,教育,警察などの一般行政を担当。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうぶ‐きょく【工部局】

中国の上海・天津などの租界(外国人居留地)にあった自治行政機関。1854年に成立し、初め土木建設事業に当たったが、のち行政権警察権をつかさどる機関となった。租界の返還に際して廃止。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうぶきょく【工部局】

上海・天津などの外国租界にあった行政機関の一。初め土木工事などの行政事務を行なったが、のち警察・財務など一切の行政を担当した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

工部局
こうぶきょく

1854年に設置され、1945年まで存続した、中国、上海(シャンハイ)租界(外国人居留地)の行政機関。形式的には市参事会の下部機関だが、警察部、教育部、図書館など13部局をもち、外国人の支配する「国のなかの外国」として機能した。1842年、南京(ナンキン)条約に基づき、その翌年に上海は開港したが、開港初期には外国人は県城内に住んでいた。しかし、1845年の第1回土地章程の締結後、外国人は北側の低湿地に移るため、道路、埠頭(ふとう)を建設する委員会をつくり、基金を集めた。この委員会を起源とするため工部局の名がある。[加藤祐三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

工部局の関連情報