分解電圧(読み)ぶんかいでんあつ(英語表記)decomposition voltage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分解電圧
ぶんかいでんあつ
decomposition voltage

電気分解において,電解生成物が引続いて析出できるよう端子に加えるべき最小電圧。電圧-電流曲線を実測し,電流が電圧とともに急増する点で電解生成物の析出が始るので,このときの電圧として求める。熱力学的計算から求められる値を理論分解電圧という。理論分解電圧に分極電圧を加えたものが分解電圧となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんかい‐でんあつ【分解電圧】

電気分解をする際に、電解生成物を定常的かつ連続的に析出させるために必要な最小電圧。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

分解電圧【ぶんかいでんあつ】

電気分解で電解生成物を継続して析出させるために加えなければならない最低電圧。たとえば水の電気分解では1.67ボルトで,これ以上の電圧では電圧の上昇とともにほぼ直線的に生成物が増加する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんかいでんあつ【分解電圧 decomposition voltage】

電解槽で目に見える電気分解が起こりはじめる最小電圧。両極に加えた電圧を横軸にとり,流れた電流を縦軸にとって電流‐電圧曲線をつくり,曲線の折点に相当する電圧をとる(図参照)。このようにして実験的に定めた分解電圧は,電気分解の自由エネルギー変化から算出した理論分解電圧とは一致しない。この両者の差は,過電圧などに帰せられる。【笛木 和雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶんかい‐でんあつ【分解電圧】

〘名〙 電気分解で、電解による生成物が連続して取り出せるための最小電圧。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android