コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分離派建築会 ぶんりはけんちくかい

百科事典マイペディアの解説

分離派建築会【ぶんりはけんちくかい】

日本の近代建築運動の先駆をなしたグループ。堀口捨己ら東大建築学科の学生6人によって1920年に結成され,1928年まで7回の展覧会を開催した。名称はゼツェッシオンにちなむが,直接的影響はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんりはけんちくかい【分離派建築会】

日本における建築文化運動の先駆。略して分離派とも呼ぶ。内容はアカデミズム内の若手建築家によるロマン主義的な造反運動であるが,ジャーナリズム商業資本の好意的支援が論争を誘発し,西欧近代建築が日本に流入する思想的土壌を準備させた。1920年,東京帝国大学建築学科を同期卒業の堀口捨己ら6名で同会結成。目的は会員の〈建築は一つの芸術である〉という言葉に示されるように,建築構造主導の当時の建築界に対して,創作行為としての建築のあり方を訴えるものだった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の分離派建築会の言及

【近代建築】より

…すなわち19世紀の様式からの脱却は新傾向の模倣によって可能だったのではなく,模倣からの脱却こそがその原動力であることを発見したのであった。1910年代に岡田信一郎(1883‐1932),後藤慶二,高松政雄らはそうした思索を繰り返し,やがてそれは20年の分離派建築会に受け継がれる。 分離派建築会は過去の様式からの分離と決別をうたい,内から湧き出る創造力を賛美する姿勢を明らかにした。…

※「分離派建築会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分離派建築会の関連キーワードインダストリアル・デザイン分離派(芸術革新運動)川喜田 煉七郎石本 喜久治蔵田 周忠森田 慶一堀口 捨己石本喜久治堀口捨巳蔵田周忠山田 守山田守

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android