コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着眼 チャクガン

デジタル大辞泉の解説

ちゃく‐がん【着眼】

[名](スル)目をつけること。また、目のつけ方。着目。「非凡な着眼」「操作のしやすさに着眼した電化製品」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃくがん【着眼】

( 名 ) スル
有望・有利あるいは重要なことと考えて注意してみること。目をつけること。着目。 「 -のよい研究」 「いいところに-する」
目のつけどころ。気の配り方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

着眼の関連キーワード丸・元・含・岩・岸・巌・玩・癌・眼・翫・贋・雁・頑・顔・願ごはんDE笑顔プロジェクト選手権オブジェクト指向プログラミングアンリ デュヴェルノワスバル レオーネ4WD伊藤小左衛門(5代)マルクス主義法学リーマン幾何学シュリューターゼンメルワイスビブラフォン政治的社会化大連(中国)総合技術教育ライシャワー藤井健次郎御木本幸吉花島 三郎ウィグモア田中惣五郎

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着眼の関連情報