切嵌(読み)きりばめ

  • きりはめ
  • きりは・める

百科事典マイペディアの解説

和服の模様の一つ。アップリケに似た手法で,異種の小布を継ぎ合わせたり,置き重ねたりして複雑な模様を構成する。特に室町末期〜桃山時代小袖(こそで)や胴服の模様付けとして流行し,当時渡来した高価な布地を効果的に使用した。後にはこの様式を染模様でも表すようになった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 一方のものを切りこんで、他の一方をはめこむこと。
※百鬼園随筆(1933)〈内田百〉地獄の門「切嵌めの硝子から覗いて、私の顔をぢろぢろ見てゐるらしい」
〘他マ下一〙 きりは・む 〘他マ下二〙 一方のものを切りこんで、他の一方をはめこむ。切って、一方を他方に適合させる。
※日葡辞書(1603‐04)「エリハムル qirifamuru(キリハムル)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android