コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切嵌 きりばめ

1件 の用語解説(切嵌の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

切嵌【きりばめ】

和服の模様の一つ。アップリケに似た手法で,異種の小布を継ぎ合わせたり,置き重ねたりして複雑な模様を構成する。特に室町末期〜桃山時代に小袖(こそで)や胴服の模様付けとして流行し,当時渡来した高価な布地を効果的に使用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

切嵌の関連キーワードアプリケ江戸小紋風通棒縞アップリケ井桁絵羽模様総模様ダイヤ中形

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

切嵌の関連情報