コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切嵌 きりばめ

百科事典マイペディアの解説

切嵌【きりばめ】

和服の模様の一つ。アップリケに似た手法で,異種の小布を継ぎ合わせたり,置き重ねたりして複雑な模様を構成する。特に室町末期〜桃山時代に小袖(こそで)や胴服の模様付けとして流行し,当時渡来した高価な布地を効果的に使用した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

切嵌の関連キーワード清水 亀蔵山本晃象眼象嵌和服

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android