コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切離高気圧 セツリコウキアツ

3件 の用語解説(切離高気圧の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せつり‐こうきあつ〔‐カウキアツ〕【切離高気圧】

上空で偏西風帯が南北に大きく蛇行し、高緯度側に延びた部分が本流から切り離されてできる背の高い高気圧。典型的なものに、寒冷な高気圧の上にできる温暖な高気圧がある。それがさらに発達して停滞すると、ブロッキング高気圧となる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

切離高気圧【せつりこうきあつ】

カットオフ高気圧とも。上空の偏西風帯中のジェット気流が大きく南北に蛇行(だこう)する際,その北の部分で低緯度側の暖気が高緯度側に分離してできた上空の温暖高気圧
→関連項目温暖高気圧梅雨前線プラネタリー波

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せつりこうきあつ【切離高気圧】

上層の偏西風帯が南北に大きく蛇行だこうし、高緯度側に延びた部分が本流から切り離されてできる背の高い温暖な高気圧。特に発達して長く停滞するものをブロッキング高気圧という。しばしば異常気象をもたらす。 → ブロッキング

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone