切離高気圧(読み)セツリコウキアツ

デジタル大辞泉の解説

せつり‐こうきあつ〔‐カウキアツ〕【切離高気圧】

上空で偏西風帯が南北に大きく蛇行し、高緯度側に延びた部分が本流から切り離されてできる背の高い高気圧。典型的なものに、寒冷な高気圧の上にできる温暖な高気圧がある。それがさらに発達して停滞すると、ブロッキング高気圧となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

切離高気圧【せつりこうきあつ】

カットオフ高気圧とも。上空の偏西風帯中のジェット気流が大きく南北に蛇行(だこう)する際,その北の部分で低緯度側の暖気が高緯度側に分離してできた上空の温暖高気圧。通常,地上にも対応する大きな停滞性高気圧が現れブロッキング現象を起こす。
→関連項目温暖高気圧梅雨前線プラネタリー波

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

せつりこうきあつ【切離高気圧】

上層の偏西風帯が南北に大きく蛇行だこうし、高緯度側に延びた部分が本流から切り離されてできる背の高い温暖な高気圧。特に発達して長く停滞するものをブロッキング高気圧という。しばしば異常気象をもたらす。 → ブロッキング

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android