コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刑事裁判権 けいじさいばんけん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刑事裁判権
けいじさいばんけん

裁判所が刑事事件について審理裁判する権限。裁判権は司法権とほぼ同義であり、日本では、「すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する」(憲法76条1項)。原則として、国籍のいかんにかかわらず、日本国領土内にいるすべての者に及ぶが、国内法上の例外として、象徴たる地位にある天皇、在任中訴追されないことになっている摂政(せっしょう)(皇室典範21条)、それに国事行為の臨時代行者(国事行為の臨時代行に関する法律6条)があげられるのが通例である。国際法上の例外としては、国家元首、外交官およびその家族構成員がある(外交関係に関するウィーン条約第31条、37条)。また、日本に駐留するアメリカ合衆国軍の構成員および軍属については、優先的裁判権が所属国にある場合がある(日米安保条約第6条に基づく合衆国軍隊の地位に関する協定=日米地位協定〈昭和35年条約第7号〉第17条)。[大出良知]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の刑事裁判権の言及

【裁判権】より

…国家統治権の一部であり,司法権と同義であるが,その及ぶ事件または人との関係を問題とするときは裁判権というのが普通である。民事裁判権(非訟裁判権,行政裁判権を含む)と刑事裁判権に大別される。民事裁判権は,裁判によって法律関係を確定または形成し,執行によって権利を強制的に実現する権限を,刑事裁判権は,犯罪事実を認定し犯人に対して刑罰その他の処分を定める権限を,その主要内容とする。…

※「刑事裁判権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

刑事裁判権の関連キーワード軍隊の地位に関する北大西洋条約当事国間の協定国連軍の裁判権をめぐる吉田書簡宇宙基地協力協定国際刑事裁判所日米行政協定日米地位協定無害通航権常設査問所星室裁判所刑事特別法裁判権免除司法共助国事行為吉田書簡連邦犯罪自検断公海領主荘園

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刑事裁判権の関連情報