コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賃租 ちんそ

6件 の用語解説(賃租の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賃租
ちんそ

古代の土地経営法。1年を限って,代価を支払って土地を耕作することをいう。耕作以前に出す価を賃,収穫後に支払う価を租という。その価は,地方により,また土地の肥瘠 (ひせき) によって異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちん‐そ【賃租】

《「賃」は春先の前払い地子(じし)、「租」は秋の収穫後に支払う地子》律令制で、諸国の公田を国司が人民に貸し、その賃貸料として地子を取った制度。地子は収穫の5分の1ほどにあたる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

賃租【ちんそ】

古代の農業経営法の一つ。1年を限る耕作権の年季売りで,近世の小作に似る。大化改新前から広く行われ,律令制では賃租料を収穫の5分の1,春の耕作以前の前払いを賃,秋の収穫後のあと払いを租と定めた。
→関連項目公田班田収授法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちんそ【賃租】

日本の律令制時代における田地・園地の賃貸借の制度。平安期にみえてくる請作(うけさく)や後世の小作と比較的類似している。日本古代では,今日と違って売買と観念される行為には2種類あり,1年を限る売買と長期間にわたる永年を限る売買があった。田地・園地などの不動産では,前者を律令用語で賃租といい,賃租と対比される後者をふつう永売と呼んだ。ただし詔勅や文書史料には両者とも売買と表現され,賃租の語はほとんど使用されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちんそ【賃租】

〔「賃」は春の耕作前に払う地子、「租」は秋の収穫後に払う地子の意〕
律令制で、公田・私田を賃貸借する制度。また、その地子。地子は公田の場合収穫高の二割を標準とした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

賃租
ちんそ

日本古代の田地・園地の1年間限りの賃貸借制度。養老令(ようろうりょう)では、田令の賃租条に「田ヲ賃租セムコトハ、各(オノオノ)一年ヲ限レ。園ハ任(ホシイママ)ニ賃租シ及ビ売レ」と定められ、公田条には、太政官(だいじょうかん)の運営財源の公田の賃租による運用が定められている。日本古代の「売買」は賃租と永代売買を含む概念であり、賃租の語は1年限りの売買(貸借)を明確にするために律令に採用された。賃は耕地貸借時の春に価直(かちょく)(賃租料)をとる方式、租は秋の収穫後に価直をとる方式。賃租料率は耕地価値の3分の1から2分の1(出挙(すいこ)利率と同率)であり、賃租は耕地の用益・収穫権の「出挙」にほかならないとみる説もある。[石上英一]
『井上光貞他編『律令』(1976・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の賃租の言及

【請作】より

…請作者の請作地に対する占有用益権を〈作手(つくて∥さくて)〉と呼んだ。請作は,令制下で口分田を班給した残りの公田を年ごとに農民に割り当てて耕作させ地子をとった賃租に系譜を引くもので,契約は1年ごとに更新されるのを原則とした。したがって,請作により請作者の領主に対する身分的隷属などは生じないかわりに,その作手は本来弱く不安定で,請文を提出せず地子の未進などをおこなえば,改易されることがつねに起こりえたのである。…

※「賃租」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

賃租の関連キーワード公田検田使寺田諸司田房戸大和朝廷律令制輸地子田三授

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone