コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初瀬六代 はつせろくだい

世界大百科事典 第2版の解説

はつせろくだい【初瀬六代】

平曲・能の曲名。(1)平曲。平曲では〈はせろくだい〉と称するのが通例で,《泊瀬六代》《長谷六代》とも書く。平物(ひらもの)。高雄の僧文覚(もんがく)は,平維盛(これもり)の遺児六代の助命を源頼朝に願っていれられ,駿河の千本松原で斬られる寸前に救い出すことができて,都に向かった。六代の母が住んでいた大覚寺に行ってみると,人音もしない(〈折リ声〉)。近所の人に尋ねると,大和初瀬の長谷(ちようこく)寺へ参籠(さんろう)に行ったまま帰らないというので,家来の斎藤五(さいとうご)を初瀬に急行させ報告させると,母は夢かと喜んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の初瀬六代の言及

【初瀬六代】より

…平曲・能の曲名。(1)平曲。平曲では〈はせろくだい〉と称するのが通例で,《泊瀬六代》《長谷六代》とも書く。平物(ひらもの)。高雄の僧文覚(もんがく)は,平維盛(これもり)の遺児六代の助命を源頼朝に願っていれられ,駿河の千本松原で斬られる寸前に救い出すことができて,都に向かった。六代の母が住んでいた大覚寺に行ってみると,人音もしない(〈折リ声〉)。近所の人に尋ねると,大和初瀬の長谷(ちようこく)寺へ参籠(さんろう)に行ったまま帰らないというので,家来の斎藤五(さいとうご)を初瀬に急行させ報告させると,母は夢かと喜んだ。…

※「初瀬六代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone