コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闌曲 らんぎょく

4件 の用語解説(闌曲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

闌曲
らんぎょく

能楽用語。「蘭曲」「乱曲」とも書く。多くクセの部分をうたうところから,流派により曲舞 (くせまい) ともいう。闌 (た) けたる曲の意で,謡で最高とされる境地,高度な特殊な謡物をさす。おもに独吟で囃子,舞を伴わない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

らん‐ぎょく【×闌曲/×蘭曲/乱曲】

能における音曲の曲趣で、世阿弥が五つに分類した五音(ごおん)の一。闌(た)けたる位(くらい)の音曲。他の祝言・幽曲・恋慕・哀傷のすべてにわたり、かつ、それを超越した最高の曲風。
謡曲の一節で、謡い手の技法を聞かせるのにふさわしい部分を、独吟にするために独立させた曲。番外曲や廃曲のクセを中心とした部分が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

闌曲【らんぎょく】

能の用語。蘭曲,乱曲とも。多くクセの部分の詞章を用いるので曲舞(くせまい)と呼ぶ流儀もある。世阿弥が最高の芸位とする〈闌(た)けた〉曲のことで,自在なうたい方を生命とし,独吟としてまれに上演される。
→関連項目曲舞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

らんぎょく【闌曲】

能の用語。蘭曲,乱曲とも書き,流派によって曲舞(くせまい)ともいう。古くは祝言,幽玄,恋慕,哀傷とともに五音曲の一つを示していた。五音曲は謡の分類用語で,他の四つが情趣の区別による分類であるのに対し,闌曲はそれらを超越した自由な謡い方を意味した。のちに,そうした謡いどころのある曲のうち,上演のまれな曲だけを集めるようになり,それらを闌曲と呼ぶようになった。流派によって曲舞と呼ぶのは,これらの曲がサシクセから成るものが多いためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

闌曲の関連キーワード破手黄鐘抱え扇所記盤渉闌曲・蘭曲・乱曲とうとうたらりキザミ(刻)五黄殺乱曲

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone