コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闌曲 らんぎょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

闌曲
らんぎょく

能楽用語。「蘭曲」「乱曲」とも書く。多くクセの部分をうたうところから,流派により曲舞 (くせまい) ともいう。闌 (た) けたる曲の意で,謡で最高とされる境地,高度な特殊な謡物をさす。おもに独吟で囃子,舞を伴わない。重習 (おもならい) で,ワキ方も含め約 60曲を伝える。 (→習物 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らん‐ぎょく【×闌曲/×蘭曲/乱曲】

能における音曲の曲趣で、世阿弥が五つに分類した五音(ごおん)の一。闌(た)けたる位(くらい)音曲。他の祝言・幽曲・恋慕哀傷のすべてにわたり、かつ、それを超越した最高の曲風。
謡曲の一節で、謡い手の技法を聞かせるのにふさわしい部分を、独吟にするために独立させた曲。番外曲や廃曲のクセを中心とした部分が多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

闌曲【らんぎょく】

能の用語。蘭曲,乱曲とも。多くクセの部分の詞章を用いるので曲舞(くせまい)と呼ぶ流儀もある。世阿弥が最高の芸位とする〈闌(た)けた〉曲のことで,自在なうたい方を生命とし,独吟としてまれに上演される。
→関連項目曲舞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らんぎょく【闌曲】

能の用語。蘭曲,乱曲とも書き,流派によって曲舞(くせまい)ともいう。古くは祝言,幽玄,恋慕,哀傷とともに五音曲の一つを示していた。五音曲は謡の分類用語で,他の四つが情趣の区別による分類であるのに対し,闌曲はそれらを超越した自由な謡い方を意味した。のちに,そうした謡いどころのある曲のうち,上演のまれな曲だけを集めるようになり,それらを闌曲と呼ぶようになった。流派によって曲舞と呼ぶのは,これらの曲がサシクセから成るものが多いためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

闌曲の関連キーワード闌曲・蘭曲・乱曲名数小辞典謡曲廃曲

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android