コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六代 ろくだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六代
ろくだい

平安時代末期の人。六代御前とも呼ぶ。平維盛 (これもり) の長男。母は藤原成親の娘。『平家物語』巻十二によると,平氏滅亡のとき六代は 12歳で,母や妹とともに隠れていたが密告されて北条時政に捕えられ,駿河国千本松原で斬られるところを,文覚 (もんがく) の命乞いによって助かり,出家して高雄の奥で修行。文覚の死後再び捕えられ,30歳で相模国で斬られた。『平家物語』と同じ内容の『六代御前物語』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

六代

生年:生没年不詳
平安時代末期の人。平重盛嫡男維盛と藤原成親の娘の嫡男。法名妙覚。三位禅師とも呼ばれる。寿永2(1183)年の平家の都落ちに同行せず都に残るが,文治1(1185)年平家一門の滅亡後,源氏の探索により捕らえられる。文覚の尽力により助命され,出家。『平家物語』諸本では,12歳で捕らえられ,建久9(1198)年源頼朝死ののち,文覚が流罪にされたときに再び捕らえられ,処刑されたとする本が多い。しかし処刑の地,享年など諸本,資料によって異なる。平家嫡流の六代御前の死をもって一門の完全な滅亡と位置づけ,物語を終える『平家物語』もある。六代を描く物語にはほかにも『六代御前物語』がある。

(櫻井陽子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろくだい【六代】

平安末・鎌倉初期の,平家嫡流の最後の人物。生没年不詳。平維盛の子。平家一門の都落ちに同道せず母と京都にのこる。1185年(文治1)北条時政の平氏残党狩りで捕らえられたが,文覚の奔走で助命され出家して弟子となり妙覚と号する。94年(建久5)鎌倉に赴き源頼朝に対面して異心のない旨を告げ,許された。しかし,文覚が流刑されたあと,幕府のために斬首されたという。異伝が多く,没年にも1198年説,1203年説がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ろくだい【六代】

平維盛の長子。平家嫡流の最後の人。平家残党狩りで北条時政に捕らえられたが、文覚もんがくの奔走で助命され、出家して妙覚と号した。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

六代の関連キーワードマキシミリアン・ド フュルステンベルグ「目には目を、歯には歯を」百足の虫は死して僵れず永楽善五郎(16代)ヤングおー!おー!神奈川県逗子市桜山静岡県沼津市東間門清水六兵衛(六代)久田宗也(四代)江戸城大奥列伝伏見宮貞敦親王閑院宮載仁親王テディーベア住友吉左衛門五代帝王物語癇疾・疳疾後堀河天皇三宝院高演徳川家達桃園天皇

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六代の関連情報