感涙(読み)かんるい

精選版 日本国語大辞典「感涙」の解説

かん‐るい【感涙】

〘名〙
① 心に深くじて流す。ありがた涙。
※参天台五台山記(1072‐73)一「以寺主引導人一一焼香礼拝。感涙無極」
※徒然草(1331頃)二三六「上人の感涙いたづらになりにけり」
② (━する) 感動して涙を流すこと。
※緑蔭茗話(1890‐91)〈内田魯庵〉「義者は必ず勇あり、これ雅兄のか、雅兄道に志すの深き此言にいたる、最も感涙(カンルイ)す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「感涙」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例