コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雌雄鑑別 しゆうかんべつsexing

4件 の用語解説(雌雄鑑別の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雌雄鑑別
しゆうかんべつ
sexing

家畜,家禽,蚕などの雌雄を鑑別すること。鶏の雛の場合は肛門鑑別,機械鑑別,伴性鑑別の3方法があるが,実用的には,雛の総排泄腔の下部の内側にある退化交尾器である生殖突起の有 (雄) 無 (雌) によって見分ける肛門鑑別が最も広く行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

雌雄鑑別【しゆうかんべつ】

家禽(かきん),カイコ等の雌雄を識別すること。ニワトリの場合が特に重要で,初生びなの雌雄鑑別により,不用な雄をより分けて除き,飼育の労力・費用を節約したり,雌雄を別々に飼育し発育の均一化を図る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゆうかんべつ【雌雄鑑別 sexing】

家畜,家禽(かきん),家蚕などの雌雄を識別すること。経済性を高めるためや正確な繁殖を行うために必要で,とくにニワトリやカイコでは重要である。
【家禽の場合】
 採卵用の家禽では雌雛(ひな)のみが有用であり,肉用のものでも雌雄を別の群で管理するほうが利点が多い。そのため孵化(ふか)直後に雛の雌雄鑑別を行うことは経営上,大きな意義をもつ。次の三つの方法がある。(1)指頭鑑別法(肛門鑑別法) 初生雛の総排出腔を指で開張し,腹壁側の中央にあるケシの実大の小突起の形状を観察して雌雄を見分ける方法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雌雄鑑別
しゆうかんべつ

動物の雌雄を識別することをいう。産業的に重要なのはニワトリとカイコの場合であるが、野生動物についても、外部形態から性別の判定のむずかしい種、たとえばツルやトキなどについて行われることもある。[正田陽一]

ニワトリの場合

ニワトリでは孵化(ふか)直後の雛(ひな)で雌雄を鑑別することは、雌だけが生産に従事する採卵鶏の場合は不用の雄雛を淘汰(とうた)することができるし、雌雄とも利用される肉用鶏の場合にも、雌雄を別々に飼育することで飼養が合理化されるので、経営上有利な点が多い。次の3方法がある。
(1)肛門(こうもん)鑑別法 現在もっとも広く実施されている方法で、指頭(しとう)鑑別法ともよばれる。雛の総排出腔(こう)には哺乳(ほにゅう)類の外部生殖器官にあたる器官が残っており、この退化交尾器である生殖突起の有無や形状の差を見分けることで性別を判定する。雛を左手でつかみ保定して軽く腹部を圧して排糞(ふん)させ、ついで両手の指頭で総排出腔を反転させて開張し、腹側の小突起を見分ける。1924年(大正13)に増井清らによって開発されたこの鑑別法は、日本人の鋭敏な視力と器用な指先の働きを生かした特殊技術として、世界に日本人鑑別師を活躍させることとなったが、最近では韓国、ブラジルなど自国で技術者を養成するところが増えてきた。理論は簡単な鑑別法であるが、実施するにはかなりの熟練を要する。100羽の雛を100%の正確さで3分で鑑別したという競技会の記録もあるが、普通1時間に1000羽以上のスピードで、1日に6000~7000羽を処理する。
(2)機械鑑別法 雛の肛門からチック・テスターという機械の先端を挿入し、腸壁を通して生殖器の形状を直接見る方法である。雄雛の精巣は白い米粒状で左右両側にあるのに対し、雌雛の卵巣は幅広く扁平(へんぺい)で左側のみにしか存在しない。チック・テスターによる鑑別は技術的に簡単で正確であるが、時間がかかり、雛を傷めやすいので、肛門鑑別法の補助手段として使われる。
(3)伴性遺伝を利用した自己性別系 もっとも古く用いられていた鑑別法で、Z染色体上に座位する遺伝子によって支配される形質を用いて、雛の外観で性別を知る方法である。たとえば横斑(おうはん)プリマスロックの雌に黒色のミノルカの雄を交配すると、雑種第一代の雄は全部横斑に、雌は黒色になるので、羽装から雌雄鑑別が可能となる。この方法は優性白遺伝子をもつ白色レグホンには応用できないので一時廃れたが、最近、羽毛の生え方の遅速性が伴性遺伝をすることが明らかとなり、この性質を両親系統に保持させて、白色レグホンでも自己性別系のものが作出され、一般に市販されるようになった。[正田陽一]

野生鳥獣の場合

近年、希少動物の繁殖が飼育下で試みられるようになり、成体でも性別のはっきりとしない種について雌雄鑑別の必要が生じてきた。ツルやトキ、また猛禽(もうきん)類などでは外貌(がいぼう)からの判定はむずかしい。この場合、染色体によって性を判定するか、性腺(せいせん)を観察して性別を知るか、いずれかの方法がとられる。性染色体により鑑別する場合は、血液を採取して培養した白血球の核型をみるか、もしくは羽軸(バルブ)を抜き取って染色体を観察する。性腺を判別するには、鳥類は体温が高く化膿(かのう)しにくい特徴を生かして、腹壁を小さく切開し、内視鏡を用いて観察する。[正田陽一]

カイコの場合

カイコでは雑種強勢が顕著に認められるので、一代雑種の利用が早くから普及し、今日農家で飼育される糸繭用蚕品種はすべて一代雑種または多元雑種である。このため蚕種製造にあたっては発ガ(蛾)に先だって雌雄を選別し、種繭を別々に保護しておかなければならない。
 雌雄の選別は従来はカイコの尾部腹面にある生殖原基(将来、ガの外部生殖器に分化する胚盤(はいばん))によって行う方法がとられ、このために専門の雌雄鑑別手を養成して幼虫のうちに鑑別を実施していた。幼虫の生殖原基は、雌では第11、第12体節の腹面にそれぞれ1対ずつ計4個の小点(石渡(いしわた)腺)が存在するのに対し、雄では第12体節の腹面前端に1個の小点(ヘラルド腺)が透視されるだけなので識別できる。また蛹(さなぎ)では、雌の尾部第11、第12体節腹面が癒合してX字状を呈しているのに対し、雄では1個の小点がみられるだけなので容易に区別することができる。このようにカイコでは雌雄鑑別は幼虫や蛹の生殖原基を識別する方法で行われてきたが、取扱い個体数がきわめて多いので、労力節約の点から、最近では限性品種を利用した幼虫斑紋法に切り替えられるようになった。
 幼虫斑紋法の原理は簡単であり、カイコの雌遺伝子(雄遺伝子に対し単純優性)をもつ染色体に、斑紋遺伝子をもつ染色体を添着させたいわゆる限性斑紋系統を利用する。この系統では雌だけが特定の斑紋をもち、雄はこれをもたないので、この斑紋の有無によって容易に雌雄を識別できる。カイコではすでにさまざまの斑紋(暗色蚕(さん)、黒色蚕、セーブル蚕、形蚕(かたこ)、虎蚕(とらこ))をもつ限性系統が作成されたが、現在実用的にもっとも普及している朝日×東海種は形蚕斑紋をもっている。同じ原理で、卵の色により、それから生まれるカイコの雌雄を識別することのできる系統も作成された。[田島弥太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の雌雄鑑別の言及

【チックテスター】より

…実施の要領は,まず雛を左手で保定し,右手にチックテスターを持ってその先端の曲管を肛門から直腸内に挿入する。接眼部に目を当てると,光源からの照明で雛の腹腔内が薄い腸壁を通して見えるので,雄ならば脊柱の両側に白い米粒状の精巣が,雌ならば脊柱の左側にのみ不正三角形の卵巣を確認し雌雄鑑別する。指頭鑑別法よりも若干鑑別に時間がかかるが,正確でかつ熟練を要する程度が低いという利点をもっている。…

※「雌雄鑑別」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone