別教(読み)ベッキョウ

大辞林 第三版の解説

べっきょう【別教】

天台宗の教判である五時八教の化法四教の第三番目。前後三教(蔵教・通教・円教)とは異なり菩薩のみを対象とする教えで、空仮中の三諦を超えた高次の中への道を説く。
華厳宗の教判で、五教の最高である円教の一。三乗を超越した絶対の教えをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

べっ‐きょう ‥ケウ【別教】

〘名〙 仏語。
① 天台宗にいう化法の四教の第三。菩薩だけに対する教え。蔵教・通教円教と異なる、別の教え。〔守護国界章(818)〕
② 華厳宗で、華厳経に説く教え。三乗とは全く別の、究極・真実の教え。一乗の超絶的方面をいう。〔華厳一乗開心論(830)〕 〔華厳五教章‐一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

別教の関連情報