コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円教 えんぎょう

4件 の用語解説(円教の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円教
えんぎょう

仏教用語。円満な教えの意。中国仏教では諸経論の思想を分類し,教えの浅深を検討することが行われたが,そのなかで究極的な完全な教えを円教と名づけた。この分類にたずさわった人に,北魏の慧光,天台智 顗,唐の法蔵,唐の元政などがいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えん‐ぎょう〔ヱンゲウ〕【円教】

仏語。円満完全な教え。天台宗では法華経の教えをいい、華厳宗では華厳経の、浄土真宗では本願一乗の法をいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんきょう【円教 yuán jiào】

仏教の思想用語の一つ。完全な教え。大乗仏教の最終真理を指す。円は円満,円融の義であり,方便に対する,真実のことであるが,方便と別の真実か,方便を含む真実かで,その発想の立場を分かつ。すなわち,天台宗で立てる五時八教の説のうち,八教のさいごに円教をおくのは,《法華経》の真理を指し,それ以前のすべての教理が,ここに高まることを意味するが,華厳宗では五教を立てて,さいごに《華厳経》をおき,天台とその立場を分かつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんぎょう【円教】

〘仏〙 完全・円満な究極の教え。天台宗では主に法華経の教えを、華厳宗では華厳経の教えを、台密では大日経の教えを、浄土真宗では本願一乗の他力の教えをいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円教の関連キーワード円融小乗小乗仏教大乗玄論大乗仏教空門極果仏説竜樹如来蔵説

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

円教の関連情報