円教(読み)えんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円教
えんぎょう

仏教用語。円満な教えの意。中国仏教では諸経論の思想を分類し,教えの浅深を検討することが行われたが,そのなかで究極的な完全な教えを円教と名づけた。この分類にたずさわった人に,北魏の慧光,天台智 顗,唐の法蔵,唐の元政などがいる。慧光,法蔵は『華厳経』,智 顗は『法華経』を究極的な円教とみなした。元政は真言密教を一大円教となし,日本天台の密教はこの説を採用し発展させたもの。円教という語は,すべてが差別をこえ,互いにとけあい互いに完成すると考える天台宗において特に多く用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんきょう【円教 yuán jiào】

仏教の思想用語の一つ。完全な教え。大乗仏教の最終真理を指す。円は円満,円融の義であり,方便に対する,真実のことであるが,方便と別の真実か,方便を含む真実かで,その発想の立場を分かつ。すなわち,天台宗で立てる五時八教の説のうち,八教のさいごに円教をおくのは,《法華経》の真理を指し,それ以前のすべての教理が,ここに高まることを意味するが,華厳宗では五教を立てて,さいごに《華厳経》をおき,天台とその立場を分かつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんぎょう【円教】

〘仏〙 完全・円満な究極の教え。天台宗では主に法華経の教えを、華厳宗では華厳経の教えを、台密では大日経の教えを、浄土真宗では本願一乗の他力の教えをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐ぎょう ヱンゲウ【円教】

〘名〙 仏語。欠ける所のない完全な究極の教え。天台宗では法華経と捉え、華厳宗では華厳経ととるなど、理解に差がある。
※内証仏法相承血脉譜(819)「天台円教菩薩戒相承師師血脉譜一首」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円教の関連情報