コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華厳五教章 けごんごきょうしょうHua-yan wujiao-zhang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

華厳五教章
けごんごきょうしょう
Hua-yan wujiao-zhang

中国華厳宗の思想の解説書。五教章ともいう。中国,唐の法蔵著。4巻。仏教全体を五教に分類し,華厳宗の立場を五教のうちの最後の円教であるとし,教判などを通して体系的に説明したもの。しかも,法蔵の視点が広く仏教全体に向けられている点を特色とする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

華厳五教章
けごんごきょうしょう

中国華厳宗(けごんしゅう)第三祖の法蔵(ほうぞう)(643―712)が40歳ごろ著した立教開宗の書。詳しくは『華厳一乗教分記(いちじょうきょうぶんき)』という。華厳経の教えを一乗と規定し、小乗教、大乗始教、大乗終教、頓教(とんぎょう)、円教と、全仏教を5種(五教)に分け、第五の円教が華厳の一乗に相当し、当時の有力な仏教であった玄奘(げんじょう)や基(き)(窺基(きき))による法相唯識宗(ほっそうゆいしきしゅう)は大乗始教であり、華厳よりはるかに低い教えであることを論証する。法蔵は五教を主張し、華厳宗を大成したが、後代の人々は本書が法界縁起(ほっかいえんぎ)(一乗縁起)を説くものと考え、宋(そう)代からは『華厳一乗教義分斉章(ぶんさいしょう)』とよばれるようになった。これを宋本といい、天平(てんぴょう)年間(729~749)日本に伝わったものを和本と称する。[吉津宜英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

華厳五教章の関連キーワード一切即一吉津宜英十玄門秀存志玉霊波戒定鳳潭寿霊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android