コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利し/鋭し/疾し/敏し トシ

デジタル大辞泉の解説

と・し【利し/鋭し/疾し/敏し】

[形ク]
(利し・鋭し)切れ味がよい。鋭い。
「剣大刀(つるぎたち)諸刃(もろは)の―・きに足踏みて死なば死なむよ君によりては」〈・二四九八〉
(疾し)
㋐勢いが激しい。
「ぬばたまの夜さり来れば巻向(まきむく)の川音高しも嵐かも―・き」〈・一一〇一〉
㋑速力が早い。迅速である。
「足―・き御馬に移鞍(うつし)置きて」〈・夕霧〉
㋒時期が早い。また、時間の経過が早い。
「春や―・き花や遅きと聞き分かむ鶯(うぐひす)だにも鳴かずもあるかな」〈古今・春上〉
「うすものの表紙は―・く損ずるがわびしき」〈徒然・八二〉
(敏し)頭の働きなどが機敏である。賢い。
「心―・きものにて、ふと思ひ寄りぬ」〈・葵〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

利し/鋭し/疾し/敏しの関連キーワードウィルヘルムスハーフェンラシード・ウッディーン千葉ロッテマリーンズアルザス・ロレーヌジャイアント馬場トルコ戦勝記念日硫酸マグネシウム春日(兵庫県)バチカン図書館アシャンティ族ワーツラフ2世グレーハウンド出羽ケ岳文治郎オリュンピウス東富士 謹一社会帝国主義伴大納言絵詞日新真事誌御浜(町)マンドリン