コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刮げる コソゲル

デジタル大辞泉の解説

こそ・げる【×刮げる】

[動ガ下一][文]こそ・ぐ[ガ下二]
物の表面を削る。付着物を削り落とす。「金具の錆(さび)を―・げる」
髪やひげをそる。
「夫婦は頭―・げて、諸国行脚の身となりぬ」〈浮・万金丹・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こそげる【刮げる】

( 動下一 ) [文] ガ下二 こそ・ぐ
物の表面を刃物などで削る。また、表面に付着したものを削りとる。 「靴の泥をへらで-・げる」 「不潔じじむさをば-・げるやうに奇麗にして/多情多恨 紅葉
髪やひげをそる。 「夫婦は頭-・げて諸国行脚の身となりぬ/浮世草子・好色万金丹」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

刮げるの関連キーワード浮世草子多情多恨