コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

削る ケズル

デジタル大辞泉の解説

けず・る〔けづる〕【削る】

[動ラ五(四)]
刃物で物の表面を薄く切り取る。そぐ。「鉛筆を―・る」
一部分を取り除いて全体の量を減らす。削減する。「予算を―・る」「人員を―・る」
全体からその部分を取り除く。削除する。「文章を―・って短くする」「名簿から名前を―・る」
《大工仲間の語から。「板をけずる」の略という》酒を飲む。
「甚五郎左がきいて―・るなり」〈柳多留・五五〉
[可能]けずれる
[動ラ下二]けずれる」の文語形
[下接句]命を削る鎬(しのぎ)を削る茅茨(ぼうし)剪(き)らず采椽(さいてん)削らず骨身を削る身を削る

はつ・る【削る】

[動ラ五(四)]
少しずつけずる。
「材(き)を―・る斧(よき)の音」〈露伴五重塔
皮をはぐ。
「兎を捕へ皮を―・りて野に放つ」〈霊異記・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けずる【削る】

( 動五[四] )
(刃物・やすりなどで)物の表面をそぎ取る。 「ナイフでえんぴつを-・る」 「出っぱった部分をやすりで-・る」
全体の中から一部分をなくす。減らす。 「予算を-・る」
取り去る。 「項目を-・る」 「リストから名前を-・る」
(官吏の名を記した木簡の表面を削って名前を抹消したことから)官職を罷免する。 「遂に御簡-・られ/源氏 須磨
[可能] けずれる
( 動下二 )
[慣用] しのぎを-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

削るの関連キーワード笹掻き・笹搔きケストエジデル研削式精米機鹿の子打ち玉斧を乞うとろろ昆布ペンナイフ見込み代ささがす形削り盤鉛筆削り鰹節削り仕上げ鉋鎬を削る突き鉋雁木鑢面取り荒仕子杣取り平削り

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

削るの関連情報