コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コク

デジタル大辞泉の解説

こく【剋】[漢字項目]

[音]コク(呉)(漢) [訓]かつ
(「」と通用)耐え抜いて打ちかつ。「相剋
(「」と通用)きびしい。むごい。「剋薄」
[補説]「尅」は俗字。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

占い用語集の解説

「木」・「火」・「土」・「金」・「水」で成り立つ五行の中で、互いを攻撃しあう関係を指す。木は土から養分を奪い(木剋土)、土は水を塞き止め(土剋水)、水は火を消し(水剋火)、火は金を溶かし(火剋金)、金は木を切り倒す(金剋木)という関係。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【駅鈴】より

…日本古代の駅伝制で公務出張者や公文書伝送の駅使らに駅馬利用の資格証明として貸与された鈴。駅鈴には身分によって利用しうる駅馬の頭数を示した剋(こく)という刻みがあったといい,親王・一位に10剋,二~三位に8剋,四位に6剋,五位に5剋,六~八位に3剋,初位以下に2剋の駅鈴が貸与されるが,隠岐国造(おきのくにのみやつこ)家に伝わる八稜鈴には刻みがないので正しいものか否か問題になっている。あるいは大和朝廷時代から律令時代初期までは実際に刻みがあり,やがて刻みをやめて剋数を記した書類を添付することにした可能性がある。…

※「剋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

剋の関連情報