コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前川太郎兵衛 まえかわ たろべえ

2件 の用語解説(前川太郎兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前川太郎兵衛 まえかわ-たろべえ

1829-1910 幕末-明治時代の実業家。
文政12年11月生まれ。江戸にでて各種織物の小売・卸業で財をなし,大坂,小樽(おたる)などにも進出。慈善・公共事業にも尽力。株式会社をみとめず,家屋・商品に保険をかけないなど,奇傑の豪商として知られた。甥(おい)の信次郎を養子とし,明治15年2代太郎兵衛を襲名させた。明治43年11月29日死去。82歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。
【格言など】容易に金銭を人に貸さず,貸せばすなわち償還の見込みなきものとして生涯これを督促せず(信条)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

前川太郎兵衛

没年:昭和1.3.23(1926)
生年:嘉永5.1.27(1852.2.16)
明治大正期の実業家。農業,商業を営む前川善平の3男として近江国(滋賀県)犬上郡高宮村に生まれる。幼名新助,信次郎。京都の綿布商前川弥助,大阪の綿糸布商前川善三郎は実兄。寺子屋で学んだのち,上京して日本橋堀留の織物問屋で叔父の初代近江屋前川太郎兵衛に奉公し,文久2(1862)年その養嗣子となる。横浜から輸入される綿糸布の取り扱いで慶応2(1866)年ごろより利益をあげた。明治13(1880)年ごろ本店の運営を任され,15年2代太郎兵衛を襲名。日比谷平左衛門の懇請により29年東京瓦斯紡績の初代社長に就任したが,その他の会社との関係には熱心でなかった。家屋や商品に保険を一切付けなかったという。<参考文献>神田彦三郎編『商傑前川太郎兵衛翁』

(阿部武司)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前川太郎兵衛の関連キーワード能勢頼保虚業家賈人実業家ビジネスマン相互化農業事業体牛尾梅吉小野金六星野仙蔵

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone