コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相補性 そうほせい complementarity

翻訳|complementarity

5件 の用語解説(相補性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相補性
そうほせい
complementarity

N.ボーアが提案した量子力学の基礎的概念の1つ。 W.ハイゼンベルク不確定性原理によると,位置の不確定と運動量の不確定の積は h/2π ( hプランク定数) より小さくできないが,ボーアはこの考えを拡張して,一方を定めると他方が不確定になってしまうような2つの量は相対立するものではなく,相補うものと考えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうほ‐せい〔サウホ‐〕【相補性】

量子力学的現象を記述するために、ボーアが提唱した概念。電子の位置と速さ、光の粒子性と波動性のように、不確定性原理から二つの量が同時に測定できない関係にある現象を互いに相補的であるといい、このような性質をいう。

㋐遺伝で、突然変異を起こした染色体が一つの細胞内に2種あるとき、突然変異体の個々の作用以上の機能や形質が発現する現象。
核酸塩基配列において、アデニンチミンまたはウラシルグアニンシトシンが特異的に対合する現象。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

相補性【そうほせい】

量子力学の解釈に関してN.ボーアが導入した考え方。電子など微粒子の運動を記述するためにはその位置と運動量を知らなければならないが,両者を測定する実験は互いに排他的な関係にあって両者を同時に正確に測定することはできない(不確定性原理)。
→関連項目量子力学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

そうほせい【相補性 complementarity】

量子力学の解釈に関してN.ボーアが用いた考え方。古典力学では例えば電子はその位置と運動量によって状態が決まる。しかし,量子力学では不確定性原理により両者が同時に正確な値をとることができない。一方の正確な知識は他方がまったく不確定という結果となる。このようにある物事が互いに干渉し合う二つの量によって記述されるとき,これらの量は互いに相補的であるという。粒子の位置座標と,それに共役な運動量とは互いに相補的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうほせい【相補性】

ボーアが量子力学の解釈のために導入した概念。例えば量子力学では、粒子の位置と運動量は、不確定性原理から同時に精密に測定することができず、また物質は粒子性と波動性の二重性をもつなど、古典物理学では解釈できない互いに排他的な概念をもつ。しかし、位置と運動量や粒子と波の概念は互いに補完的で、両者があいまって完全な記述になる。このような性質を相補性という。 → 不確定性原理
一つの細胞内に突然変異を起こした染色体が二対含まれるとき、各突然変異体の個々の作用以上の機能の促進や形質の発現がみられる現象。
核酸塩基のアデニンとチミン(またはウラシル)、グアニンとシトシンの間にみられる特異的対合の関係。遺伝子の複製・転写・翻訳・組み換えなどはすべてこれに基づいて行われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の相補性の言及

【ボーア】より

…この間,1918年ボーアは量子論と古典論とは極限において一致し,両者には形式上の対応があるとする対応原理を提起したが,W.K.ハイゼンベルクはこの原理をもとに,マトリックス力学という形式の量子力学を完成した。ついで27年ボーアは,ミクロな世界では粒子性と波動性とが相補って正しい自然の姿を与えるという相補性の考え方を発表し,新しい時空記述の基本的なアイデアを示した。今日〈コペンハーゲン解釈〉として広く承認されているものである。…

※「相補性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

相補性の関連キーワード丁部領募・墓・慕・戊・拇・暮・模・母・簿・菩簿ぬ〜ぼ〜

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相補性の関連情報