コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割り栗石 ワリグリイシ

デジタル大辞泉の解説

わりぐり‐いし【割り×栗石】

砂利より大きく玉石より小さい割り石。土木・建築の基礎工事に用い、地盤を固めるために突き込む。割り栗。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わりぐりいし【割り栗石】

道路や建築物の基礎に用いる、適当な大きさに割った石。割り栗。ぐり。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

わりぐりいし【割り栗石】

建物や道路などを作る際、地盤を固めたり、改良したりするために用いる砕石。径は10~15cm程度。基礎工事では、密に敷いた割り栗石のすき間に砂利を詰めて突き固め、その上にコンクリートを打つことが多い。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone