細石(読み)ササライシ

  • (通称)
  • ▽細▽石
  • ▽細石
  • さいせき
  • さざれいし
  • さざれし

デジタル大辞泉の解説

小石。さざれいし。
こまかい石。小石
「わが君は千代に八千代に―の巌となりて苔(こけ)のむすまで」〈古今
さざれいし」の音変化。
「信濃なる千曲の川の―も君し踏みてば玉と拾はむ」〈・三四〇〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 こまかい石。小さい石。さざれ石。小石。〔十巻本和名抄(934頃)〕
〘名〙 粒の細かい石。小石。さざれいし。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
[1] 〘名〙
① 小さな石。小石。さざれ。さざれし。ささらいし。
※万葉(8C後)一四・三五四二「佐射礼伊思(サザレイシ)に駒を馳(は)させて心痛み吾(あ)が思(も)ふ妹(いも)が家の辺りかも」
※古今(905‐914)賀・三四三「わが君は千世にやちよにさざれいしのいはほとなりて苔のむすまで〈よみ人しらず〉」
② 元祿(一六八八‐一七〇四)ごろ、京都で最上の銘酒の名。一名、舞鶴。
③ 神奈川県大磯の名菓。磯の小石の形に似せた薄荷糖(はっかとう)
④ 大阪の名菓。菅原道真の伝説によって作った小石の形のおこし。〔随筆・一話一言(1779‐1820頃)〕
[2] 小歌の名。
※雑俳・軽口頓作(1709)「ふるいぞや・さかなをほればさざれ石」
〘名〙 「さざれいし(細石)」の変化した語。
※書紀(720)推古二八年一〇月(北野本訓)「砂礫(ササレシ)を以て檜隈(ひのくま)の陵の上に葺(し)く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報