コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手形売買市場 てがたばいばいしじょう bill discount market

3件 の用語解説(手形売買市場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手形売買市場
てがたばいばいしじょう
bill discount market

コール市場と並んで短資市場を形成するもの。 1971年6月に日本銀行の肝いりで市場が創設されて,それまでの月越物コール取引は手形売買の形に移された。現在この市場の規模はコール市場を上回っており,ここで取引される手形は,優良商業手形ないしそれを見返りとして金融機関が振出した自己引受け短資会社を受取人とする為替手形である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てがたばいばいしじょう【手形売買市場】

略して手形市場ということも多い。金融機関が相互に短期の資金を融通し合う貸借取引の場の一つで,コール市場と並びインターバンクの短期金融市場を形成している。手形割引市場ともいうことがある。コール市場がごく短期の支払準備の運用調達市場であるのに対し,手形売買市場は1~4ヵ月程度のやや長めの支払準備の運用調達市場である。しかし手形売買市場も,市場参加者が金融機関中心であり,また必ず短資会社に需給双方の注文が集まる形で取引が行われ,さらにおもな資金の需要者(売手)が都市銀行,一方,供給者(買手)が都市銀行以外の金融機関である,などコール市場と共通の性格を有しており,日本の手形売買市場はコール市場の延長ないし変形といった側面も強い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手形売買市場
てがたばいばいしじょう

商業手形や銀行引受手形などの売買が行われる市場。単に手形市場ともいう。コール市場とともに、インターバンクの短期金融市場を形成する。おもに金融機関相互間の資金過不足を調整する機能を果たすとともに、日本銀行の金融調節の場としても重要であった。ただし後記のように、2000年代以降その位置は大きく後退した。市場で売買される手形は金融機関振出しの手形(「表紙手形」。優良な商業手形や単名手形等の「原(げん)手形」や公社債などを担保とする)がほとんどで、「原手形」自体の売買は僅少(きんしょう)である。多くの場合、短資業者が取引を仲介する。この市場での取引金利が手形(売買)レートで、コールレートとの裁定などを通じて変動する。だが、おもに1990年代後半以降の状況は大きく変化した。基本的には市場残高の顕著な縮小で、末残高ベースでは1990年(平成2)の17兆0603億円から1995年9兆8907億円、2000年ゼロ、平均残高ベースではそれぞれ16兆3505億円、8兆9986億円、3兆3694億円(2000年10~12月には平均残高でもゼロ)と推移した。なお、2001年4月からは日本銀行による残高統計自体が公表中止となった。このような市場規模縮小のおもな要因は、(1)バブル経済の形成・崩壊・対応の過程での日本銀行の「ゼロ金利政策」(1999年2月~2000年8月)や「量的緩和政策」(2001年3月~2006年3月)展開の下での短期金融市場の機能後退、(2)割引手形や手形貸付(単名手形による貸付)形態の貸出の趨勢(すうせい)的な縮小による「原手形」の縮小、などである。また、日本銀行による金融調節の場の面も大きく変化した。すなわち、1972年(昭和47)6月より日本銀行の「手形買いオペレーション」が開始され、民間への資金供給手段として重要な地位を占めていたが、前記の「ゼロ金利政策」や「量的緩和政策」などの下で、日本銀行のおもな資金供給は国債買入れや「共通担保資金供給オペレーション」(2006年4月導入、金融機関が日本銀行に差し入れている適格担保を根担保とし、貸付金利を入札で行う公開市場操作としての貸付)に移行したのである。このため、現在「手形買いオペレーション」は消滅している(計数出所は日本銀行『金融経済統計月報』)。[井上 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手形売買市場の関連キーワード手形市場金融機関金融市場市中金利手形交換所金融公庫代理交換金融不安マネーマーケット金融機関市場

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone