コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力水 ちからみず

4件 の用語解説(力水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

力水
ちからみず

相撲用語。「化粧水」「清めの水」ともいう。土俵の赤房,白房の下に備えられた手桶の中に入っている水のこと。これをひしゃくですくって,前の相撲の勝ち力士が差し出すのを,土俵上の力士が受けて口をすすぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

力水

秋田県湯沢市の古館山麓の、湯沢城城主佐竹南家の屋敷跡にある湧水。1985年、環境庁により名水百選のひとつに選定。城主や藩主が「身体に力がつく水」として愛飲したことからこの名で呼ばれるようになった。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

力水の関連情報