力水(読み)ちからみず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

力水
ちからみず

相撲用語。「化粧水」「清めの水」ともいう。土俵赤房白房の下に備えられた手桶の中に入っているのこと。これをひしゃくですくって,前の相撲の勝ち力士が差し出すのを,土俵上の力士が受けて口をすすぐ。仕切り直しのとき,ひしゃくですくったり,呼出しにすくってもらったりして口をすすぐこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちから‐みず〔‐みづ〕【力水】

相撲で、土俵の傍らに桶に入れて備えられ、力士が取組の前に口をすすいだりする水。化粧水。清めの水。「力水をつける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

力水

秋田県湯沢市の古館山麓の、湯沢城城主佐竹南家の屋敷跡にある湧水。1985年、環境庁により名水百選のひとつに選定。城主や藩主が「身体に力がつく水」として愛飲したことからこの名で呼ばれるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちからみず【力水】

相撲で、土俵下に置いて、力士が口をすすいだりする水。化粧水みず。 「 -をつける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

力水の関連情報