力革(読み)チカラガワ

大辞林 第三版の解説

ちからがわ【力革】

馬具の、鞍橋くらぼねの居木いぎと、鐙あぶみの鉸具頭かこがしらとをつなぐ革。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちから‐がわ ‥がは【力革・力皮・逆

〘名〙
馬具の名。鞍橋(くらぼね)の居木(いぎ)と鐙(あぶみ)の鉸具頭(かこがしら)とをつなぐ革。〔延喜式(927)〕
※夢酔独言(1843)「力皮がきれて、あぶみを片っぽ川へおとした」
近世の鎧(よろい)の袖(そで)裏中央や佩楯(はいだて)の家地(いえじ)に、伸縮を抑えるためにつける革。
※筆の御霊(1827)後「袖の裏面に、ちから革と云革ありて付り」
③ 竹刀(しない)にかぶせた革の袋。当たりを柔らげる。
※浄瑠璃・新うすゆき物語(1741)上「此しなへの力皮(チカラガハ)一寸許(ばかり)手の内にてくつろげ、虚鞘(そらざや)の心にしたは貴人を恐るる兵法のならひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android