コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加納三楽輝 かのう

美術人名辞典の解説

加納三楽輝

日本画家。兵庫県生。名は邦夫(玖仁夫)、初号は三楽。京美工に学ぶ。山元春挙に師事し、阪口一草とともに青龍社の筆頭社人として活躍した。地方色豊かな働く女性像を好んで描き、青龍社解散後は無所属で活動した。昭和56年(1981)歿、83才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加納三楽輝 かのう-さんらくき

1898-1981 昭和時代の日本画家。
明治31年7月24日生まれ。山元春挙,山村耕花に師事。昭和3年院展で「千倉の漁婦」が初入選。4年川端竜子(りゅうし)に入門し,以後は青竜社を中心に活躍。漁村ではたらく女性などをえがいた。昭和56年4月30日死去。82歳。兵庫県出身。本名は邦夫。初号は三楽。作品に「南島女人」「海の市日」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加納三楽輝の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android