加藤 文太郎(読み)カトウ ブンタロウ

20世紀日本人名事典の解説

加藤 文太郎
カトウ ブンタロウ

昭和期の登山家



生年
明治38(1905)年3月11日

没年
昭和11(1936)年1月

出身地
兵庫県美方郡浜坂町

学歴〔年〕
神戸工業専修学校

経歴
三菱内燃製作所(のちの三菱神戸造船所)勤務の傍ら、アルピニストとして大正14年夏の白馬岳登山から、四季の日本アルプスに数々の単独登山を行う。中でも昭和6年1月の上ノ岳〜黒部五郎岳〜三保蓮華岳〜烏帽子岳縦走、7年2月の槍ケ岳〜西鎌尾根〜笠ケ岳往復など、冬期北アルプス単独登山の記録は前人未踏の記録である。11年1月3日槍ケ岳北鎌尾根で消息を絶った(4月遺体発見)。遺稿集に「単独行」がある。また新田次郎著「孤高の人」のモデルとなった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

加藤 文太郎 (かとう ぶんたろう)

生年月日:1905年3月11日
昭和時代の登山家;製図技師
1936年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android