加藤 道子(読み)カトウ ミチコ

20世紀日本人名事典の解説

加藤 道子
カトウ ミチコ

昭和・平成期の声優,女優



生年
大正8(1919)年10月31日

没年
平成16(2004)年1月31日

出生地
東京・麴町

学歴〔年〕
東京府立第五高女卒

主な受賞名〔年〕
文部大臣賞〔昭和23年〕「魚紋」,イタリア放送協会賞〔昭和30年〕「瓶の中の世界」,NHK放送文化賞〔昭和40年〕,菊池寛賞〔昭和49年〕「NHK日曜名作座」,芸術祭賞優秀賞〔昭和52年〕「大根焚き」,日本婦人放送者懇談会大賞〔昭和57年〕,紫綬褒章〔昭和58年〕,勲四等宝冠章〔平成4年〕,坪内逍遙大賞(第3回)〔平成8年〕

経歴
新劇俳優の加藤精一・三井光子夫妻の長女として生まれる。昭和16年NHKの東京放送劇団養成所に第1期生として入所。森本薫作「神明」で初出演。女性の声優草分けで、戦後NHKの人気ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」などに出演、1人で少女や女学生、芸者などを演じ分け、“七色の声の持ち主”と呼ばれた。32年に始まった森繁久彌とすべての登場人物を2人で演じるラジオドラマ「日曜名作座」は長寿番組となり、平成10年2000回を記録した。昭和26年には「第1回紅白歌合戦」司会者も務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

加藤 道子
カトウ ミチコ


職業
声優 女優

生年月日
大正8年 10月31日

出生地
東京・麹町

学歴
東京府立第五高女卒

経歴
新劇俳優の加藤精一・三井光子夫妻の長女として生まれる。昭和16年NHKの東京放送劇団養成所に第1期生として入所。森本薫作「神明」で初出演。女性の声優の草分けで、戦後NHKの人気ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」などに出演、1人で少女や女学生、芸者などを演じ分け、“七色の声の持ち主”と呼ばれた。32年に始まった森繁久弥とすべての登場人物を2人で演じるラジオドラマ「日曜名作座」は長寿番組となり、平成10年2000回を記録した。昭和26年には「第1回紅白歌合戦」司会者も務めた。

受賞
紫綬褒章〔昭和58年〕,勲四等宝冠章〔平成4年〕 文部大臣賞〔昭和23年〕「魚紋」,イタリア放送協会賞〔昭和30年〕「瓶の中の世界」,NHK放送文化賞〔昭和40年〕,菊池寛賞〔昭和49年〕「NHK日曜名作座」,芸術祭賞優秀賞〔昭和52年〕「大根焚き」,日本婦人放送者懇談会大賞〔昭和57年〕,坪内逍遙大賞(第3回)〔平成8年〕

没年月日
平成16年 1月31日 (2004年)

家族
父=加藤 精一(俳優),母=三井 光子(女優)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

加藤 道子 (かとう みちこ)

生年月日:1919年10月31日
昭和時代;平成時代の声優;女優
2004年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android