コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤原松 かとう げんしょう

1件 の用語解説(加藤原松の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤原松 かとう-げんしょう

1685-1742 江戸時代中期の俳人。
貞享(じょうきょう)2年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)の人。江戸から伊勢(いせ)阿濃津(あのつ),伊賀(いが)上野,京都へと転住。榎本其角(きかく)の高弟と自称し,芭蕉(ばしょう)の新俳式を相伝したと主張した。寛保(かんぽう)2年1月5日死去。58歳。別号に八斗庵,猩々庵,虎翼居士など。編著に「星月夜(ほしづきよ)」「正風(しょうふう)論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤原松の関連キーワード羅城鶏冠原元傘車蝶左坊樗雲貞佐(1)山田長隠里風帒一

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone