コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星月夜 ホシヅキヨ

デジタル大辞泉の解説

ほし‐づきよ【星月夜】

晴れて星の光が月のように明るい夜。ほしづくよ。 秋》「戸口まで送って出れば―/子規
主に謡曲で、「暗(くら)」と同音の「倉」を含むところから、「鎌倉」を導くために使われた修飾語。
「―鎌倉山を朝立(あさだ)ちて」〈謡・調伏曽我〉

ほし‐づくよ【星月夜】

ほしづきよ」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

星月夜

オランダの画家フィンセント・ファン・ゴッホの絵画(1889)。原題《La nuit étoilée》。フランスのサン・レミ・ド・プロヴァンスの精神病院で療養中に制作された作品の一つ。星と月が輝く夜空を背景に、糸杉が描かれている。ニューヨーク近代美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほしづきよ【星月夜】

星の光で、月夜のように明るいと感じた夜。ほしづくよ。 [季] 秋。
歌・謡曲などで、「鎌倉」「鎌倉山」を導く語。「我一人鎌倉山を越え行けば星月夜こそ嬉しかりけれ/永久百首」の歌に基づく用法をいう。 「明くるを待つや-鎌倉山を朝立ちて/謡曲・調伏曽我」

ほしづくよ【星月夜】

ほしづきよ(星月夜)」に同じ。 [季] 秋。 《 -空の高さよ大きさよ /尚白 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

星月夜の関連キーワードゴッホ(年譜)いにしえの休日金井 謹之助のべつ幕無し金森 高山五味多恵子石和 鷹加藤原松オランダ坪内逍遙高井蘭山金森高山修飾語星夜謡曲夜光尚白

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

星月夜の関連情報