コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星月夜 ホシヅキヨ

5件 の用語解説(星月夜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほし‐づきよ【星月夜】

晴れて星の光が月のように明るい夜。ほしづくよ。 秋》「戸口まで送って出れば―/子規
主に謡曲で、「暗(くら)」と同音の「倉」を含むところから、「鎌倉」を導くために使われた修飾語。
「―鎌倉山を朝立(あさだ)ちて」〈謡・調伏曽我〉

ほし‐づくよ【星月夜】

ほしづきよ」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

星月夜

オランダの画家フィンセント・ファン・ゴッホの絵画(1889)。原題《La nuit étoilée》。フランスのサン・レミ・ド・プロヴァンスの精神病院で療養中に制作された作品の一つ。星と月が輝く夜空を背景に、糸杉が描かれている。ニューヨーク近代美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほしづきよ【星月夜】

星の光で、月夜のように明るいと感じた夜。ほしづくよ。 [季] 秋。
歌・謡曲などで、「鎌倉」「鎌倉山」を導く語。「我一人鎌倉山を越え行けば星月夜こそ嬉しかりけれ/永久百首」の歌に基づく用法をいう。 「明くるを待つや-鎌倉山を朝立ちて/謡曲・調伏曽我」

ほしづくよ【星月夜】

ほしづきよ(星月夜) 」に同じ。 [季] 秋。 《 -空の高さよ大きさよ /尚白 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

星月夜の関連キーワードイギリスオランダ戦争ファンダイクファントホッフ糸杉のある道オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団じゃがいもを食べる人たち馬鈴薯を食べる人々耳を切った自画像ヴァンゴッホ色鉛筆ヴァンゴッホ水彩色鉛筆

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

星月夜の関連情報