コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤明英 かとう あきひで

美術人名辞典の解説

加藤明英

江戸前期の大名。近江水口藩二万石加藤家第二代当主。明友の長男。幼名は義之助。貞享元年藩主となる。のち寺社奉行となり、奏者番若年寄等を歴任した。正徳2年(1712)歿、61才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤明英 かとう-あきひで

1652-1712 江戸時代前期-中期の大名。
慶安5年7月29日生まれ。加藤明友(あきとも)の長男。貞享(じょうきょう)元年近江(おうみ)(滋賀県)水口(みなくち)藩主加藤家第1次2代。寺社奉行,奏者番,若年寄をつとめた。元禄(げんろく)8年下野(しもつけ)(栃木県)にうつされ壬生(みぶ)藩主加藤家初代となった。2万5000石。正徳(しょうとく)2年1月2日死去。61歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤明英の関連キーワード石井伊左衛門溝口政親壬生藩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android