加藤明英(読み)かとう あきひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤明英 かとう-あきひで

1652-1712 江戸時代前期-中期の大名。
慶安5年7月29日生まれ。加藤明友(あきとも)の長男。貞享(じょうきょう)元年近江(おうみ)(滋賀県)水口(みなくち)藩主加藤家第1次2代。寺社奉行,奏者番,若年寄をつとめた。元禄(げんろく)8年下野(しもつけ)(栃木県)にうつされ壬生(みぶ)藩主加藤家初代となった。2万5000石。正徳(しょうとく)2年1月2日死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android