コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤紫芳 かとう しほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤紫芳 かとう-しほう

1856-1923 明治-大正時代の翻訳家。
安政3年8月20日生まれ。美濃(みの)(岐阜県)大垣藩の藩校敬教堂でフランス語をまなぶ。「読売新聞」記者となり,明治19年同紙初の連載小説「鍛鉄場の主人」(G.オネー原作)を発表。つづいてデュマ(父)「三人銃卒」を翻訳,掲載する。22年「大阪朝日新聞」にうつった。大正12年7月27日死去。68歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。本名は乎。別号紫芳山人,藤の家紫芳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤紫芳の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android