コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤茂苞 かとう しげもと

2件 の用語解説(加藤茂苞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤茂苞 かとう-しげもと

1868-1949 明治-昭和時代の農学者。
慶応4年5月17日生まれ。農商務省農事試験場につとめ,稲の在来品種を収集・整理し,明治36年安藤広太郎とともに組織的な交雑育種をはじめる。また世界の稲を日本型とインド型に大別した。のち九州帝大,東京農大の教授を歴任。昭和24年8月16日死去。82歳。出羽田川郡(山形県)出身。帝国大学卒。前名は竜太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤茂苞
かとうしげもと
(1868―1943)

植物学者。山形県稲生(いなおい)村(現、鶴岡市)の生まれ。1891年(明治24)帝国大学農科大学を卒業、農林省農事試験場に勤務、稲作の研究に携わった。1903年(明治36)畿内(きない)支部に移り、安藤広太郎とともにイネの人為交配による雑種作成に成功し、メンデル遺伝学をイネ品種改良に先駆的に導入した。またイネの品種を比較して60品種に整理しイネ育種学の基礎を固めた。1919年(大正8)農学博士、1921年九州帝国大学教授となり、日本のイネと外国のイネを比較して、世界のイネを、インディカとジャポニカに2大別することを提唱し、広く認められた。1932年(昭和7)以降は東京農業大学教授の地位にあった。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の加藤茂苞の言及

【農学】より


[農学発展の契機]
 日本におけるイネの品種を問題とするとき,明治期の著名品種で,今日でもその血の流れている〈亀の尾〉〈愛国〉〈神力〉〈旭〉〈銀坊主〉などは,すべて当時の耕作農民の手によって水田から見いだされた品種である。一方,国立農事試験場を中心に,明治中・末期より主として水稲を中心としての育種研究,育種事業が安藤広太郎,加藤茂苞などの手によって開始される。大正期には顕著な発展分野はなかったが,近藤万太郎による種子学研究は特記すべきものであろう。…

※「加藤茂苞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

加藤茂苞の関連キーワード大脇正諄香川冬夫加藤誠平菅菊太郎佐藤義長原煕松本鹿蔵南鷹次郎麦生富郎大谷元

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone