コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤重五 かとう じゅうご

1件 の用語解説(加藤重五の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤重五 かとう-じゅうご

1654-1717 江戸時代前期-中期の俳人。
承応(じょうおう)3年生まれ。尾張(おわり)名古屋の材木商。松尾芭蕉の門人。貞享(じょうきょう)元年(1684)山本荷兮(かけい)が名古屋に芭蕉をむかえて「冬の日」の歌仙を興行した際,連衆のひとりとなる。「春の日」「阿羅野(あらの)」などにも作品がある。享保(きょうほう)2年6月13日死去。64歳。尾張出身。通称は善右衛門,弥兵衛

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤重五の関連キーワード後光明天皇御義口伝後光明天皇かつら安藤抱琴会津藩楠流備後国オリンダクリスティーナ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone