コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤重五 かとう じゅうご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤重五 かとう-じゅうご

1654-1717 江戸時代前期-中期の俳人。
承応(じょうおう)3年生まれ。尾張(おわり)名古屋の材木商。松尾芭蕉門人貞享(じょうきょう)元年(1684)山本荷兮(かけい)が名古屋に芭蕉をむかえて「冬の日」の歌仙を興行した際,連衆のひとりとなる。「春の日」「阿羅野(あらの)」などにも作品がある。享保(きょうほう)2年6月13日死去。64歳。尾張出身。通称は善右衛門,弥兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤重五の関連キーワード俳人重五承応

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android